あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

レーシック難民を避ける眼内コンタクトレンズ手術って?費用は?

スポンサードリンク

レーシック難民って聞くと

レーシック手術はダメなんだ
って思いがちになります。

しかし
すべての手術に問題が起きているわけではありません。

レーシック手術の他にも
眼内コンタクトレンズという考えの方法もあります。

今回はこのことについて
解説していきます。

レーシック難民とは

By: Arden

レーシック難民
というのは

レーシックの手術後、眼、体に問題、症状が起こっているのに、
適切な治療を受けられないでそのままにせざるを得ない人たち。【出典:レーシック難民とは?】

カラダに起こる症状としては

不正乱視、過矯正、欝、自殺、脳圧上昇、照射ズレ、偏心照射、充血、眼精疲労、ドライアイ、色覚異常、不同視、視力再低下、角膜潰瘍、角膜混濁、DLK、ハロ・グレア、スターバースト、ヘイズ、見え方の質の低下、コントラスト低下、エピセリウムイングロース、セントラルアイランド、角膜感染、サハラ砂漠症候群、フラップ形成不全、フラップ不良、夜間視力低下、明所でのまぶしさ、中近方の見えづらさ、複視、日中の視力変動、エクタジア、球結膜下出血、飛蚊症、毛様充血、表層角膜炎、層間角膜炎、上皮迷入、激しい目の痛み(表面、奥)、充血(出血)、疲れ目、斜視、眼瞼下垂、慢性頭痛、眩暈、吐き気、斜頸、全身倦怠感、不眠症状、欝症状、自殺願望など【出典:レーシックの実情について調べてみた

こういった
レーシックに関するさまざまな情報がありますが

リスクを伴わない手術はない。

というところが
医者の逃げ道であるのか
患者の判断に大きくまかせられる部分があります。

実際に眼科医にアンケートをとったところ、

眼科医の中で
「レーシックを薦めることに賛成する」
のはわずか37%

残りの33%は「反対」。

4%が「強く反対」

「わからない」が26%

という結果が出ています。

レーシック手術を行なっている眼科医も
メガネを使用している人は多く

健康な目にメスを入れることに抵抗がある

と言っている眼科医もいるのです。

レーシック難民というコトバは
レーシック手術によって
被害を被ってしまった方のことを表現していますが

もちろん手術をした全ての方が
なんらかの異常が発症しているワケではありません。

レーシック手術をして
なんの問題も無く快適に過ごしている方も多いのです。

レーシック手術には
どんなリスクがあって
どのような目に適しているのか

を判断して行なうことが大事なのです。

 

眼内コンタクト(ICL)手術とは?

眼内コンタクト
上記のような
「レーシック難民」というコトバが引っかかって
レーシック手術に悩んでいる、
レーシック手術を受けたいが
「不適合」だったために受けられないという方には

『眼内コンタクト』という、
新しい視力矯正手術(ILC)があります。

角膜を削らないで
手入れ不要の
「永久コンタクトレンズ」
というものです。

 

具体的な手術方法。

眼内コンタクトの手術方法は
コラーゲンも含む生体適合性の高い
親水性素材(コラマー)でできたレンズを

角膜の切開面から挿入して
虹彩(こうさい)と水晶体の間に、
「ただ載せるだけ」なのです。
眼内コンタクト手術
①手術直前には点眼麻酔をします。
 注射は必要ありません。
 角膜の端を約3ミリ切開するだけで
 痛みはありません。

眼内コンタクト手術
②切開した部分から
 眼内にレンズを挿入して
 虹彩と水晶体の間に載せます。
 レンズは自然にシート状に広がります。

眼内コンタクト手術
③横からの図。
 眼の中に交換、ケアが必要ないコンタクトレンズ
 を入れるイメージ。

※画像は雑誌「ターザン」から拝借。

「眼」の手術なので
とってもビビってしまいますが
麻酔液を滴下した時だけ「シミる」程度(個人差あり)で
手術時間は10〜20分ぐらいで終了してしまうのです。

ただし、
この眼内コンタクトの手術を受けられるのは
白内障のリスクが高まる45歳までなのだそう…。

 

白内障では昔から眼の中にレンズを入れている。

眼の中にレンズを入れる
と言う手術は
白内障の手術として30年ほど前から
一般的に行われているのです。

白内障とは
水晶体が濁って視力が低下する症状。

だいたい45歳を越えると発症しやすくて
80歳以上のほとんどの人は
白内障を引き起こしているとされています。

1992年に
眼内レンズ手術は
保険が使えるようになって
年間60万人以上がこの手術を受けています。

 

眼内コンタクトのレンズの安全性は?

By: othree

この眼内コンタクトの
気になる部分はやっぱり「安全性」。

眼に直接埋め込んでいる?
ので非常に気になるところです。

このレンズの安全性は
アメリカFDA(米国食品医薬品局)が
2005年に承認しており
日本においては
2010年に厚生労働省が
高度管理医療機器として承認済みです。

眼内コンタクトは
体内に入れても
炎症などをきわめて起こしにくい安全な素材でできています。

「きわめて」なのでゼロではないのですが…。

 

UVカットも。

眼内コンタクトのレンズには
UVカットの機能も備わっています。(紫外線約90%除去)

水晶体や網膜を
紫外線から保護することができます。

眼の中にコンタクトレンズと
サングラスをセットで組み込んだようなものです。

 

眼内コンタクトの手術費用。

さらに気になるのは
眼内コンタクトの手術料金です。

病院によって違いはありますが
両目で現在は、約496,000円

乱視も同時に矯正する場合は、
プラス100,000円

一般的でスタンダーなDPレーシック手術は
約80,000円〜となっていて
プランによっては
30万円以上する高額なレーシック手術もあります。

保険が適用されないので
ちょっと手術費用はお高いのですが
使い捨てのコンタクトレンズでの毎月のコストを考えると
この眼内コンタクトの手術費用は
お得なのかもしれません。

 

いろいろと検討しなくてはいけない。

By: Dai Wat

コンタクトレンズに合わせた生活では
長時間のパソコン作業や読書、
スポーツを行なう際も
メガネやコンタクトは不向きな競技もあります。

また
コンタクトレンズをしたまま
うたた寝をしてしまえば
レンズが角膜に張り付いて
痛みが出たり外しにくくなったりします。

レーシック手術によって
角膜を削りたくない場合や
不適合を受けた場合は
この「眼内コンタクト」という
新しい手術という選択肢もあるということを
理解しておくことも大切だと思います。

この手術によるリスクや
メッリト、デメリットをいろいろと検討して
視力矯正をしっかりと考えたいですね。

 



 

金沢市 あかり整体院

 
 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)