あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

呼吸がしづらい原因は筋肉にも!息しにく時に行なう方法とは。

スポンサードリンク

呼吸がしづらい、やりにくい。

息がしにくい時は
呼吸が浅くなってしまいます。

特にストレスがある時は
浅い呼吸になってしまい
リラックスモードの「副交感神経」が働かないのです。

「交感神経」のまま、
カラダは興奮状態でオーバーヒートに。

脳や自律神経に影響がでて
カラダのいろんなところに
さらにストレスがかかることになります。

普段、何気なく行なっている呼吸ですが
呼吸しづらくなるとイイことがありません。

何かの病気が起こっていない場合は
息がしにくい時に考えられる原因は
限られてくるのです。

 

息がしずらい原因は…。

呼吸をする時は

胸だけで行なうのではなく
背中の筋肉もしっかり使えないといけないのです。

背中の筋肉が張っていると
深く呼吸ができない、「浅呼吸」になってしまいます。

「深呼吸」ができなくなるのです。

 

背中の筋肉の拘縮が起きると
深呼吸がしにくくなって
普通の呼吸でさえも
しずらくなってしまうのです。

 

背中の筋肉の走行というのは
いろんなところからのものがありますが

筋肉が背中から始まって
カラダの外側(脇側)を通って
前に向かっている筋肉ってかなり多いのです。

 

胸の痛みを訴える場合も
背中の筋肉の硬直が見られるのです。

これは
背中の筋肉から
胸の方に負担がかかっているということ。

背中の筋肉って
呼吸や胸の痛みなど
いろいろと影響が大きいのです。

 

背中の筋緊張がゆるむと呼吸がしやすい。

呼吸がしずらい時は
なにかしらの病気が起きているということもあります。

しかし
病気が起きていないのもかからず
呼吸がしずらい、
息がしにくい、
といった症状では
かなりの確率で筋肉が悪さをしています。
整体の施術を受けてから

「呼吸がしやすくなった」

と言われる方は結構多いのです。

 

呼吸は「肺の運動」になりますが
その肺を覆っている肋骨などにも
やちゃんと筋肉はあるのです。

それら筋肉も
背中から始まっている筋肉の影響を大きく受けているのです。

 

カラダはウマく連動して
ちゃんとスムーズに動くようになっているんです。

背中から始まって
いろいろと影響のある筋肉や関節は多いのです。

息がしにくかったり
深呼吸がしずらい場合は
まずこの背中の筋肉を疑ってみましょう。

きっと拘縮は起きていると思います。

筋肉をゆるめ
背中の筋肉がしっかり動くようになれば
呼吸がスムーズに行なわれます。

 

背中の筋肉は本当に重要。

いろいろな影響を及ぼしてしまうので
しっかり柔軟性を意識してやっていきたいです。
背中のストレッチは動かしながらやると効果的です。

金沢市 あかり整体院

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)