あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

筋肉が落ちて痩せるスピードが速いのは太もも!ヒザと腰に影響!

スポンサードリンク

ニンゲンの筋肉って
かなーり落ちるスピードは早いのです。

ホントに超特急!!

肩の脱臼をしてしまって
肩を少しの期間だけ固定していただけで
すぐに左右差がハッキリ分かるぐらいに
肩の筋肉はすぐに落ちます!

寝たきりで動けない状態になったら
もう一週間も続けば
歩くことがこんなに大変なのか!
って感じる程に
ニンゲンの筋肉は落ちてしまうのです。

年齢とともに
(動かさないと特に)
どうしても筋肉が痩せ落ちてしまうものなのですが

筋肉の中でも
かなり早いスピードで落ちてしまう部位ってのが分かっています。

その筋肉はかなりの影響を及ぼしてしまうので
この情報を知っておくだけでもかなり有効です。

 

筋肉が早く落ちるのは「太もも」

By: Judi Cox

筋肉はカラダ中にたくさんありますが

その中でも大きな筋肉で
一番早く落ちやすい筋肉は「大腿四頭筋」なんです。

ふとももの前の筋肉です。

この大腿四頭筋は
歩く時はもちろん
階段やしゃがむときなど
いろんなところで活躍してくれます。

そして筋肉自体が大きい。

でもカラダを使わなくなると
まっさきにこの太ももの筋力が落ちてしまうのです。

 

ヒザが痛いヒトは大事な筋肉。

この太ももの筋肉は
主に「ヒザ」の関節を支配していて
そのヒザをサポートするのにすごく重要なんです。

ヒザを痛めている方は
ほぼここの筋肉が固まっています。
間違いないです。

あと
ふくらはぎの筋肉の影響もありますが…。

 

腰とも関係している太もも

そしてこの大腿四頭筋は
腰ともすごく連動しているのです。

腰痛が起こっている場合も
ほぼここの筋肉も硬直しているのです。

だから腰が悪いとき、イタい時は
この筋肉にもアプローチしなくてはイケナイのです。

ヒザがイタい時に
腰の筋肉を触ると
ここも必ずと言っていいほど、硬くなっています。

腰とヒザはとても関係性が深いのです。

その関係性のカギを握っているのは
この太ももの筋肉ということになります。

 

「筋力」よりもまずは「柔軟性」を

By: FaceMePLS

筋力が落ちてしまうということであれば
筋トレをすればいいじゃないか
と思いがちですが

筋トレよりも
まずは硬くなった筋肉を柔らかくゆるめる方が大事です!

硬い筋肉を柔らかくするだけで
同じ筋肉なのに
その機能性は大きく変わるのです。

筋肉の出力パワーが変わるのです。

もちろん筋トレで筋力アップをはかるのも良いのですが
それよりかは
まずは筋肉の柔軟性をつけたほうが良いです!

硬いまま筋肉量を増やしても
使える筋肉って言うのは限られているのです。

硬い筋肉だと
ちゃんと働いてくれないのです。

筋肉内の血液の量も
流れる量が柔らかい筋肉だと断然に良くなります。

つまり疲れにくい筋肉なのです。

この筋肉の「筋力」をつけようとする前に

しっかりと柔軟性をまず取り戻すことの意識を
持つことがとても大事です。

ストレッチには
若干ですが筋トレになるという効果も見られるのです。
コラム参照

 

柔軟性を高めると
かなり痛みは軽くなります。

そしてそこから筋肉を鍛えていくのです。

落ちやすいけれど
しっかりと動かしていれば大丈夫です。

筋肉の重要性をもっと意識していきましょう☆

 
オーソドックスな大腿四頭筋のストレッチ動画。

 
金沢市 あかり整体院

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)