1. HOME
  2. ブログ
  3. Blog
  4. ぐっすり眠る方法はパジャマから。疲れをとる睡眠にするために

ぐっすり眠る方法はパジャマから。疲れをとる睡眠にするために

「寝る時は裸がいい」

なんて言う人もいますが

それは、間違っています。

睡眠時には
パジャマはちゃんと着た方がぐっすり眠れて、
しかも「疲労をとってくれる睡眠」に導いてくれます。

パジャマを着ないと寝具はゼッタイに汚れます。
寝具は清潔に保たなくてはダメなのです。

そのためにも
パジャマはちゃんと選びたいのです。

 

ぐっすり眠るためのパジャマ選び

パジャマはちゃんとした「寝具」です。

ぐっすり眠るために
寝る事に適した寝間着を着なくてはいけないのです。

毎日の寝る時間は
「疲労を回復させる睡眠」にしなくてはいけません。

Tシャツとパンツだけでは
マットレスや毛布、布団などの寝具を
清潔に保つコトができなくなります。

どんな素材がいいのかと言うと

パジャマの素材は綿シルク
夏であれば麻素材で通気性がいいものが快適です。

パジャマに必要な条件は
まずは吸湿性に優れている事です。

睡眠中はコップ1杯の汗をかくので
汗を吸い込んでくれるものではないと
汗で身体が冷えてしまいます。

そして
摩擦が少ない事が大事になります。

「肌とパジャマが擦れて擦れて」

っていうことだと
それがストレスになってしまい
眠りが浅くなる可能性が大きくなります。

サイズは、ゆったりめが良いです。

肩まわりが突っ張ると寝にくい時もあります。

女性の場合、
「冬場になるとパジャマだけでは寒い」
という人も多いと思いますが

そんな時には
腹巻きレッグウォーマーがオススメです。

腹巻きもゆったりしたものを選ぶといいでしょう。

そして、湯たんぽもオススメです。

湯たんぽは、
最初は温かく、時間の経過とともに温度が下がっていくので
睡眠中の体温低下の妨げになりません。

カラダの体温が高いままだと
なかなか眠りにつけなくなってしまうからです。

湯たんぽもぜひ使ってみましょう。

 

フリース素材のパジャマもオススメ。

まとめ

パジャマを着ないと
寝具を清潔に保てないので
快適な睡眠ではなくなります。

パジャマに適した素材は
吸水性が高くて
摩擦の少ない綿やシルク、麻素材のものです。

冬には
睡眠に入りやすくするために
体温が高いままだと良くないので
徐々に温度が低くなる湯たんぽはおすすめです。

記事一覧

あかり整体院

「筋肉」の大切さを考え、効果の高いスポーツ整体でカラダメンテナンスを提供します。身体の事でわからないことがあれば、お気軽にお声がけください。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。