あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

ヒザの痛みと腰痛の関係とは。どちらか一方だけではダメ。

スポンサードリンク

膝痛と腰痛は関係している。

ヒザ痛
ヒザが悪い人は、腰も悪くしている。

逆に腰が悪い人は、ヒザも悪くなっている。

この「ヒザ」「腰」
離れた部位で違った場所ですが
この2カ所の関係性はとても重要なのです。

ヒザの悪い人のヒザをゆっくり曲げていくと、
腰の筋肉もグググっと固くなってくのが分かります。

コレは太ももにある「大腿四頭筋」という筋肉と
骨盤の中を通っている「腸腰筋」という筋肉の仕業なのです。

ヒザを曲げることにより
この筋肉の収縮が起こりますが
拘縮があると余計に連動しているのがよくわかります。

ヒザか腰、
このどちらかをケアしたい場合は、

この両方を良くするようにしていかなければいけません。

どっちか片方だけ良くするだけでは
良くなるスピードも違いますし
また痛みの再発にもつながってしまいます。

おおまかに挙げれば
腰と背中、
大腿(太もも)、
下腿(ふくらはぎ)
の筋肉の緊張をゆるめれば、
腰とヒザにかかっている負担を軽くする事ができます。

このふたつの関係性はとても重要なのです。はい。
ヒザと腰
痛めやすいこの2つの部位。

いつでも違和感なく動かせる状態にしていたいです。

ヒザも腰も痛めると
本当にツラいです。

動かすことにもおっくうになってしまい
動かさないことで
また筋肉の萎縮が起こり
余計に痛くなったり
改善を遅らせたりしてしまいます。

そういった悪循環を断ち切るために
早い段階でのケアと
痛みがなくなっても
しっかりと「予防」を意識した
カラダメンテナンスを行わければいけません。

 

金沢 スポーツ整体 あかり整体院

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)