金沢市の整体は、スポーツ整体のあかり整体院

Read Article

腰痛とハムストリングスの関係とは。骨盤矯正だけじゃダメ。

太もものウラの筋肉のことを
「ハムストリングス」
といいいます。

略して「ハムスト」。

写真は「ハム」ですが
太ももの筋肉の断面で見るとこんな感じです。笑

このハムストという筋肉が固いと
骨盤の動きが悪くなります。

したがって
腰の筋肉にも負担がかかります。

これはハムストの筋肉が骨盤にくっついているからなんです。

骨盤の動きが悪いのは、
それ自体が悪くなっているのではなく
その周辺の筋肉のアンバランスや拘縮があるため。

いろんな筋肉によって骨盤は安定をはかれるわけですから
ハムストの筋肉や
大腿部の前側と横側も重要なポイントなのです。

だからこのハムストリングスの筋肉を
ゆるめるだけでも腰は軽くなります。

骨盤や背骨のズレがすべて悪いというふうによく言われていますが

これらのズレや歪みを矯正しただけでは
この骨盤などのまわりの筋肉が緩んでいなければ
また歪みやズレは元どうりになっちゃいます。

ズレや歪みを生じさせているのも
骨盤や骨が勝手に歪んでいくのではなく
筋肉の影響によるものなのです。

したがって
筋肉の拘縮が緩み
筋肉の緊張がとれてバランスがよくなれば
歪みも自然と良くなっていくのです。

骨盤がずれてるから痛いのではないのです。

本当の原因は「筋肉」にあるのです。

ストレッチ等でケアする時にも
ここのハムストや太ももの前側といった筋肉も
しっかりアプローチしてカラダメンテナンスをしてあげてください☆

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top