あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

腰痛とストレスの関係。ストレスでなぜ腰が痛くなるのか?

スポンサードリンク

腰痛とストレス

By: eagletmt

腰の痛みは、
「ストレス」とも非常に関わりの深いものです。

精神的な疲労や悩み、考え事などは、
特に背中の筋肉に緊張を生みます。

背中の筋肉が硬く緊張して張ってくれば、
当然、腰にも悪影響を及ぼします。

背中と腰で筋肉は当然つながっていて
一方が硬いのに
その一方は緩んでいるという
極端な状態にはなっていません。

緊張するという事は
筋肉が固く固まることであり、
筋肉の中の血流が滞ります。

固さで血管が圧迫を受けているイメージをすれば
わかりやすいかと思います。

それによって「酸欠状態の筋肉」ができてしまうのです。

痛みを発生する物質が流れ出なくなり、
その硬直した筋肉にいつまでも居座る
という結果になります。

ストレスで腰痛が起きていることは
最近よくわかってきたことです。

ストレスで筋肉が拘縮する

By: miyeong

ではなぜストレスで痛みが出るのかというと
ストレスで筋肉の拘縮が起こってしまうためであります。

先に書いて述べたように
ストレスはめちゃくちゃ筋肉に影響を及ぼします。

筋肉が固まると動きが悪くなり
血液の流れも悪くなり
いろいろな悪影響が出てしまうのです。

ストレスと筋拘縮を無くすために

By: MIXTRIBE

ストレスを完全に無くすということは
なかなかできることではないと思うのですが

少しでも軽い運動などで
ストレスを解消するという考えはとても大事な事です。

適度な運動がストレスを軽減し、
カラダにかかっている負担を取り除くのですから
これはやるしかないです。

「イタくない動かせる範囲」
からカラダを動かして
筋肉の緊張をゆるめてあげて
ストレス解消の方向へ持って行きたいものです。

運動自体がストレスな場合は
体を動かすことの気持よさを感じなければいけません。

もともとカラダは動かすためにできており
筋肉の機能の本来の目的も運動を行なうためであります。

じっとしていると
筋肉も怠けてしまい、
「萎縮」
と言って小さく縮こまってしまうのです。

そうなるとどこかに必ず弊害は起きます。

カラダメンテナンスの意識をもっと高めていきましょう☆

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)