あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

背中の痛みの原因は胃のトラブルも。痛み和らげる方法。

スポンサードリンク

背中がイタい…。胃が悪い?
 
「背中の痛み」というのは
いろいろとその理由は考えられるのですが

「胃のトラブル」
で痛くなるというケースもあるのです。

胃のトラブルと言っても
これもまたいろいろありますが
胃のウラに当たる筋肉の部分が
痛くなるパターンは結構多い
のです。

そして、その痛みのある部分は
筋肉の硬さとしても表れやすいのです。

 

胃を含む消化器官の特徴。

ニンゲンの消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)は
全部の長さの合計は
だいたい8メートルほどあります。

食道が25cm。
十二指腸は指を12本並べた長さに相当。
小腸は約6m。
大腸(結腸、直腸)の長さは約1.5m。

そして
胃の長さは25cm。

お腹が空いている時の
胃の容積は50ml以下ですが

食べた後は1.5ℓ前後にも変化できます。

無理に胃に食べ物を詰め込めんだら
その容量は、2ℓまでもの大きさまで可能なのです。

胃は
食べた物を消化させながら、
小腸に少しずつ、
どろどろになった食べ物を送り出しています。

そして、
胃が1日に分泌する胃液の量は
かなり多いのです。

胃液は食事のニオイだけでも分泌されます。

食物を食べ出して1時間ほどは
ガンガンに胃液が分泌されます。

徐々に胃液の量は減っていくのですが
食べ物が胃の中にある限り、胃は胃液を分泌しているのです。

暴飲暴食をしてしまうと
この胃が働きっぱなしになってしまいます。

冷たいものなどを摂ってしまうことで
胃が冷えてしまい、
その働きが悪くなってしまうこともあります。

胃ってけっこう負担がかかりやすいのです。

また、
胃はストレスの影響でもトラブルが起きてしまいます。

胃潰瘍などもその典型的なものですが
そういう胃の影響が大きくなると
背中の痛みが出やすくなるのです。

 

胃と背中の神経は同じ。

背中胃ストレス
アタマ〜体幹を支える背骨(脊柱)には
体性感覚を脳の中枢に
フィードバック(反映・調整)する感覚神経が走っています。

この感覚神経は
ひとつの部位がひとつの痛み情報をキャッチするのではなくて
いくつか複数の感覚情報を
キャッチする構造になっているのです。

胃と背中は、同じ神経の担当で成っている
のです。

このため、
何らかの原因で
胃のトラブルを背中の痛み情報として
脳に伝えてしまうことにもなるのです。

暴飲暴食を続けて
背中が痛くなる場合は
まさにこのケースに当てはまるのでしょう。

 

背中の痛みを和らげるために。

最初の方に述べたのですが
背中の痛みは、筋肉の拘縮も伴っているケースが多い
のです。

背中に直接痛みを感じていなくても
胃に負担がかかっている状態では
胃のウラ(背中)には
筋肉の硬さがでてしまうのです

その筋肉の拘縮が
腰痛を強めてしまったり
肩こりや首コリなどの不調も招いてしまうことが
かなり多くあるのです。

そういう場合は
カラダの外からできる方法として
「筋肉の拘縮を柔らかくする」
ということが大切なのです。

筋肉の緊張を取り除けば
胃の負担がスッとラクになることも多いのです。

背中の筋肉というのは
そういう胃の症状や内蔵の不調でも
硬くなったりしてしまい
更なる不調を呼んでしまうことにもなり兼ねません。

痛みを和らげるには
その筋肉の緊張を解き
胃の負担を少しでも良くしてあげること
が大事になってきます。

胃に負担のかからない食べ物を食べたり
冷たいものを控えて
ストレッチなどでもカラダをリラックスさせましょう。

背中をメインに緊張をほぐして…。
筋肉の硬さというのは
痛みをはじめ
いろんなところに負荷をかけたりもしてしまいます。

筋肉というのは
そういうことでも「硬さ」として
出てしまうということを意識しておいて
カラダのメンテナンスをしっかりと行なっていきましょう。

 
背中のストレッチ動画

 

金沢市 あかり整体院
 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)