あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

アキレス腱 痛みの原因と治療法。周囲炎はランナーに多い腱炎症

スポンサードリンク

アキレス腱は最大&最長の腱

筋肉って骨にくっついていますが
そのくっついている末端部分のところって

硬くて伸縮性のない組織

になっているのです。

その組織を「腱」と言いますが

アキレス腱っていうのは
ふくらはぎの筋肉が
足首の部分で腱になっていき、
踵(かかと)の骨にくっついているのです。

アキレス腱は
人体で最大&最長の腱
スポーツでのケガも多いところなのです。

そんなアキレス腱の痛みが出た場合は
何が原因であるのか?

また治療法はどうしたらいいのかを
解説していきます。

アキレス腱痛になるのは。

アキレス腱周囲炎スポーツに携わる人によく起こる
アキレス腱の痛み。

最近では
「ランニング」の人気も高まっていて
このアキレス腱を痛めるケースも多くなっています。

さきほど述べましたが
アキレス腱は
ふくらはぎの筋肉が腱になっている部分。

なので
このふくらはぎの筋肉の影響って
もろにアキレス腱に響いてくるのです。

ランナーによく起こるものとして
アキレス腱痛と同時に
「シンスプリント」
という症状もありますが

このふくらはぎの筋肉が
走ったりジャンプしたりとすることで
アキレス腱や周囲に負担をかけてしまうのです。

ふくらはぎの筋肉というのは
もう少し詳しく見ると

下腿三頭筋といって

・腓腹筋
・ヒラメ筋

という筋肉から成り立っています。

ふくらはぎの表面が「腓腹筋」

その奥にある深層の筋肉が「ヒラメ筋」

このふたつの筋肉は
足首や足ウラの動きを支配しています。

ランニングでは
この足首と足ウラ、足の指の
微妙なところでの動きを司っているので
走ったりすることで
この筋肉は疲労が蓄積しやすくなります。

疲労が溜まると
当然筋肉は硬くなってしまいます。

筋肉の硬さがでると
筋肉の末端部分(この場合ではアキレス腱)には
非常にストレスがかかるのです。

そして
アキレス腱の炎症が起きて、痛みが発生するのです。

「アキレス腱周囲炎」もほぼ同じ状態と言えます。

 

アキレス腱痛を良くするために。

アキレス腱の痛み
アキレス腱の痛みを改善させるためには

この下腿三頭筋(ふくらはぎ)に
まず疲労を溜めないことが大前提になりますが

痛みが出てしまっている場合は
すでにその筋肉の緊張が限界に達しているので

とにかく腓腹筋とヒラメ筋の筋肉の拘縮を
同時に取り除かなければいけません。

どちらか一方だけでは
アキレス腱の負担は
なかなか早くとれてきません。

表層の腓腹筋と
深層のヒラメ筋を
一緒にターゲットととして
アプローチをしていきます。

筋肉の末端部分(アキレスなどの腱)には
大きな負荷がかかっているのです。

 

ストレッチ方法。

ストレッチで
ヒラメ筋と腓腹筋の
筋肉の緊張を和らげる方法は

それぞれ個別のストレッチがあります。

よく見る通常のアキレス腱を伸ばすストレッチでは
表層の腓腹筋だけにストレッチ効果があるのです。

でもこのストレッチって
ふくらはぎの奥にあるヒラメ筋には
アプローチできていないのです。

ヒラメ筋をストレッチで伸ばすには
ヒザを曲げて行なうのです。

ヒザを曲げた姿勢で行なうことで
ヒラメ筋に対して
効果的にストレッチができます。

面倒ではありますが
このふたつの方法をしっかりと行ないます。

表層の腓腹筋ストレッチ。

深層のヒラメ筋ストレッチ。

 

あかり整体院でのアプローチ。

アキレス腱の痛みが出ている場合は
とにかくこのふたつの
腓腹筋とヒラメ筋にアプローチして
筋拘縮を取らなければいけません。

ダイレクトにしっかりとらえて施術していきます。

腓腹筋をゆるめていく手法と
ヒラメ筋をゆるめていく手法。

それぞれをしっかりと行なうことで
アキレス腱にかかっている負担を取り除いていきます

ヒントは先ほどの
ヒザを曲げてストレッチをするということと
似たような考えなのです。

ヒラメ筋と腓腹筋、
それぞれ直接アプローチできるので

筋肉が弛む度合いが大きくなって
回復はかなりのスピードで進むことになります。

関節や骨の歪みにアプローチしないで
直接的に硬直のある筋肉に効いてくるのです。

 
金沢市 あかり整体院

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)