あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

ビタミンCで風邪は治らない。効果がない理由とは。

スポンサードリンク

風邪をひいた時って
けっこう意識してビタミンCを摂っていませんか??

今ではたくさんの人が知っていると思いますが
風邪を治す薬はありません。

風邪薬は風邪の症状を抑えやすくしたもので
根本的な治療ではないのです。

では一体なぜ風邪の時は
ビタミンC
と言われているのでしょーか??

ビタミンCが風邪に効く!?

ビタミンCが風邪に効くという説を唱えたのは
ライナス・ポーリング博士

ライナス・ポーリング博士は
ノーベル賞を2度受賞したアメリカの量子化学者、生化学者です。

彼は1970年(昭和45年)に
『ビタミンCと風邪』
という本を出して
そのビタミンCが風邪に効くという説が世界中に広がっていきました。
国際的な議論も呼んでいたそうです。
Pauling

ビタミンCがノドや鼻の粘膜を強化して
風邪のウイルスの侵入を防ぐ働きがある
のは事実として言われています。

そしてさらに
ビタミンCが白血球と結びついてウィルスを破壊するチカラを持っています。

しかし、これらのビタミンCパワーは風邪を

「予防する」ことに有効であって
「治す」ということまでは至らない。

ということで
治すことの確かな証明はなされていないのです。

ポーリング博士が説いたのは
1日に5~10gというけっこう大量のビタミンCを摂取すれば
風邪を予防することができて、
風邪になってからも進行を食い止めることができるということでした。

予防ということでも、
完全に予防できる訳ではなく

「風邪になりにくいカラダ」

を作るために効力があるということなのです。
風邪ビタミンCで治る?

かぜ薬でも
完全に風邪を治すというものはまだ存在していません。

風邪の症状を抑えることはできても
根本的な治療にはなっていないのです。

 

風邪を治す特効薬。

風邪を治すものは、やっぱり
「自然治癒力」なのです。

この自然治癒力を普段から高めておく事が重要なのです。

免疫力を高める方法は…

適度な運動
よく笑う
ポジディブな思考
身体を温める
食事(ビタミンC、βグルカン、メガブフコダイン、ヨーグルトetc)

※意外に知られていない運動と免疫の関係:日経ウーマンオンライン【トレンド(ヘルス&ビューティー)】

カラダメンテはほんと大事です。
かぜ薬はおススメしないけど
薬のニガさを味わっちゃう子供がかわいい。

金沢市 あかり整体院

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)