あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

同じ姿勢の肩こり腰痛は予想以上に負荷が大きい!原因は弱い負荷

スポンサードリンク

特にデスクワークは
筋肉を動かすことができない状態。

筋肉を動かさないでいると
筋肉はどのような負担を生じるのでしょうか?

また
同じ姿勢の継続はダメだとよく言いますが
なぜ良くないのか?

それについて詳しく解説していきます。

 

同じ姿勢で痛める原因

筋肉にとって
「筋肉の使いすぎ」
かなりダメージはあります。

でも
じーっと同じ姿勢で
弱い緊張がずっ〜と続くというものも

かなりのダメージなのです。

筋トレ等では
大きな負荷をわざと筋肉に与えます。

負荷を大きく与えることで
その筋細胞を傷つけ、回復するときに
さらにその負荷に負けないように強くなりながら
筋肉が回復するというシステムがあるのです。

一方デスクワークなど
同じ姿勢のまま、あまりカラダを動かさないでいると

弱〜い負荷の筋トレを
絶え間なく、ず〜っと続けているようなもの。

これはかなり筋肉のダメージが大きく
筋肉の拘縮が起こる原因ともなっています。

これが
肩こりや腰痛の原因になる要因はかなり大きいのです。

筋肉が酸欠状態に…

筋肉の中にも血管が通っています。

長く緊張をするということは
その血管もず〜〜っと圧迫を受けているわけです。

筋肉に届くはずの「酸素」と「栄養」が
その圧迫によって入ってこなくなるわけです。

よって筋肉に酸欠状態が起こり
緊張によって産生される疲労物質も
その筋肉から流れ出なくなってしまうのです。

その疲労物質が居座ることになると
痛みを感じやすくなってしまうのです。

デスクワークの方には
スタンディングデスクがおすすめです!

 

筋肉を使うことの重要性

筋トレでは
筋肉に一時的なストレスを与えますが

ずっと同じ姿勢などで続く筋肉の緊張は
長い時間、筋肉にストレスがかかってくるのです。

「運動していないから筋肉固まらないし大丈夫」

なんて言うのは
かなり甘い考え方です。

「動かさない」ってのもスゴくコワいものなのです。

しっかり筋肉を動かし
しっかりケアする。

これを継続出来るか否かで
大きな差となって出てくること間違いなしなのです。

カラダメンテナンスは未来の生活を変えてしまいます。

 

金沢市 あかり整体院

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)