あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

妊娠中の腰痛と肩こりの原因。妊婦さんの腰痛改善対策とは。

スポンサードリンク

妊娠中は腰痛になりやすい。

妊娠されている時の腰痛ってよく聞きますし
実際に妊婦さんの腰痛で
整体院に来院される方も多いです。

また
腰痛と同じくらい
背中から肩こりがツラくなる方もいらっしゃいます。

身体の負担が妊娠によって
増すのは分かりますが

実際のところ
妊婦さんが腰痛になる本当の原因は
どこから発生しているのでしょうか?

 

妊娠中の腰痛・肩こりの原因。

妊娠中に腰痛になるのによく言われているのは

妊娠中は
ホルモンの影響で骨盤の靭帯がゆるんで
骨盤が「不安定」になるから。

女性が妊娠をすると
赤ちゃんを産むために
狭い骨盤を広げようとするシステムが稼動します。

その時に「リラキシン」というホルモンが
多く分泌されるようになります。

リラキシンは
骨盤の靭帯を緩ませる作用があって
骨盤のわずかしか動かない関節(仙腸関節)の
動きをつけようとするものです。

一般的には
このホルモンの影響で
骨盤が不安定になり
その周辺の筋肉が硬く強ばると言われています。

これは間違ってはいないと思いますが

実際には
骨盤を広げようとする仙腸関節の靭帯がゆるんでも
そんなにグラグラしちゃうほど
ゆるむことはありません。

ほんのごくわずかな動きしかできない骨盤の関節なので
このホルモンの作用での影響というのは
ほんのわずかなものだということが考えられます。

これまで何度も
妊婦さんの施術を行なってきましたが
その骨盤不安定というものはあまり感じたことがありません。

その骨盤周辺の筋肉が
骨盤が不安定だから硬直してしまうほどの働きはないように思われます。

以前から腰痛があっても
妊娠中は意外と大丈夫だったという方もいらっしゃいます。

出産をしてから腰痛がヒドくなった
というケースも
実際はけっこう多くあるのものです。

妊娠中の腰痛と
出産後の腰痛とでは
ちょっと違う要素があると思いますが

妊娠中に至っては
そのリラキシンというホルモン分泌が
腰痛のすべての原因ではないように思います。

ただ、
お腹の赤ちゃんの影響で
カラダのバランスが崩れてしまうということは
腰痛の原因の大きな要素をしめると考えます。

お腹の赤ちゃんが成長して
大きくカラダの重心が変わってしまうと
それを支える筋肉の負担が増えてしまいます。

これまで使っていなかった筋肉を使うことになったり
今まで普段の動きでも負担になっていたところに
もっと大きな負荷がかかってしまうことになったりと

いろいろと影響は出てきます。

 

腰は関連筋の影響をダイレクトに受ける。

妊娠ホルモン骨盤腰痛
腰痛になる場合、
腰だけの筋肉が悪くなるのではないということは
このブログでも何度もお伝えしていますが

腰を支える筋肉や
腰の動きを支配する筋肉の影響で
腰痛に関係してくることは明らかです。

妊娠中の腰痛も
結局はこういった関連筋の影響で
起こっているケースがほとんどです。

腰と関連筋の状態が良くない状態で
妊娠してしまうと
さらに悪化してしまうパターンや

妊娠すると
あまりカラダを動かせないという意識が強くなりすぎて
筋肉を使ってカラダを動かさないでいると
さらに筋肉の硬直は強くなってしまいます。

またストレスや精神的な疲労も
筋肉の過緊張をさらに強めてしまうこともあります。

先ほど述べた
カラダの重心の変化で
腰に負担が大きく影響する方も多いと思います。

 

肩こりは背中の筋肉の影響。

By: moke076

妊娠中の肩こり
の症状もけっこう多いのですが

その影響も腰痛と同じく
関連筋の拘縮や動きの制限からくるものがほとんどです。

肩こりは特に
肩甲骨の周辺の筋肉が悪さをしてきます。

カラダの重心バランスが崩れたり

ストレスなどからくる筋肉の拘縮、

運動できる範囲が狭くなってしまうために起こる筋拘縮など。

骨盤や背骨の歪みやズレというのは
それが痛みの原因ではなく
筋肉が及ぼした結果にしかないので

骨のズレというのは
この場合は
腰痛や肩こりの原因には当てはまらないのです。

 

妊娠中の腰痛改善法。

妊婦腰痛
妊娠中は妊娠していない時と比べて
やはり身体の動きが制限されてしまいます。

しかし、
妊娠中でもできる動きはあるものです。

硬くなった筋肉を
ゆるめる整体や施術を受けることも大事ですが

カラダを動かすことでも
筋肉をゆるめていければ
血液の流れもよくなります。

血流がよくなれば
腰痛だけでなく肩こりはもちろん
いろいろなところに好影響はでてきます。

筋肉がゆるむことで
酸欠状態だった筋肉に酸素と栄養が送り込まれます。

筋肉が通常の働きを戻してくれることで
いろいろな動きにも対応できることになりますし

関節やカラダの各部分をサポートできるようになります。

 

要はやっぱり筋肉なのです。

ご自身で出来るメンテナンスは

「しっかり筋肉を使って
 動かせる範囲で動かすこと」

になります。

 

マタニティヨガってのもありますが
このくらい動かせれば腰痛などは起き難いカラダになるでしょう。

YouTubeでは
妊婦の方の体操などの動画もたくさんありますので
参考になると思います。

 

金沢市 あかり整体院

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)