あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

膝に水が溜まるのはナゼ?原因と対処法。抜くと良い??

スポンサードリンク

膝(ひざ)に痛みがあるとき、

痛みが無くても
水が溜まるケースもありますが

その関節にはやはり負担が大きくかかっていることになります。

カラダというのは不思議とウマくできていて
そこに水が溜まるというのは

カラダが「何とかして治そう」としている反応なのです。

この反応はどういうことか分かりますか?

なぜ膝に水が溜まるのか?
水を抜いたら良いのか?

を解説していきます。

ヒザに水が溜まる理由。

膝に水が溜まる。

なぜでしょう?
どういうことなんでしょう?

関節っていうのは
よく動かせる分、負担もかかりやすいので
炎症が起きやすい部分なのです。

関節に起こる炎症は
その周辺の「筋肉の拘縮」が本当の原因なのですが

炎症が起きてしまい、
その炎症を鎮めるためには
「冷やすこと(アイシング)」が一番効果的なのです。

カラダはもちろん
冷やす事がよいと分かっているワケです。

だからカラダの中の水分を
その炎症が起きている部分に集めて
水を使って冷やそうとしているのです。

自然な治癒力の現象が起きているのです。
膝に炎症が起きると
そこに水が集まり冷やそうとする。

それが膝に水が溜まるという理由。

炎症を早く抑えて
カラダの異常を取りたいがために
カラダが起こしてる反応なのです。

 

 

ヒザの水は抜いた方が良い?

こういった
「ヒザに水がたまる」場合は水を抜いても
良くはならないのです。

アイシングが一番いいのです。

膝に水が溜まるのは
先ほども述べたように
炎症を冷やして治そうとしている現象。

炎症は冷やすことがイチバンなので
水を抜いても炎症が起きていれば同じこと。

水を抜くよりかは
アイシングをすることを優先させた方が良いのです。

 

そして
その膝にかかってる関連筋の負担を取る事が重要なのです。

こういった事をしていかなければ
炎症が取れるのは時間がかかってしまいます。

関節は筋肉によって動かされていますから
その動かしている筋肉がメインターゲット!

 

水を抜いて
グルコサミン飲んだり
注射をしても
膝の痛みはほとんど変わらないケースが多いのです。

 

炎症が治まれば自然と水は引いていきます。

水が溜まりすぎて
めちゃくちゃ動かしにくい場合は
抜いた方が早く動かせる場合もあります…。

よっぽどでなければ
水は抜かなくてもいいのです。

炎症が良い反応だという考えもあって
冷やさない方がいいっていう人も中にはいます。

しかし、炎症がある場合は
アイシングでその炎症を鎮め
関連している筋肉の拘縮を取り除く方が
膝の痛みは早く良くなります。

だって本当の原因は
そのヒザにはないのですから。
 

膝の水を抜いている様子の動画がありました。

 

金沢市 あかり整体院

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)