あかり整体院 -金沢市スポーツ整体-

 スポーツ整体 × 東洋医学 × スポーツアロマ

Blog

野球肩のストレッチは肩甲骨がポイント!!原因は肩関節ではない

スポンサードリンク

野球をされている方には
「野球肩」というケガをしてほしくないです。

しかし、実際には
野球肩になってしまう選手がまだまだ多いのです。

野球の基本はキャッチボール。

そのキャッチボールができないとなれば
ホント野球っておもしろくないものです。

自分の思い通りに投げられるのが
やっぱりイチバン。

 

肩甲骨がポイント。

By: boomer-44

野球肩にならないためには
「肩甲骨」の動きが重要なんです。

ここの動きを良くするには
まずこの肩甲骨周辺の筋肉を柔軟にしておくこと。

硬い筋肉ではしっかり働いてくれません。

肩甲骨の筋肉が硬いと
肩関節にかかる負担はかなり大きいものになります。

肩を動かす、使うってことは
同時に肩甲骨も一緒に連動して動いているのです。

野球肩になって痛めてしまうのは
ココの肩甲骨の状態も悪くなっているのです。

肩関節だけに集中して治療を行なう事よりも
この肩甲骨の動きを良くするだけで
肩関節の炎症の起き具合も全然変わってきます。

だから
この野球肩の予防&治療で
ストレッチしたりケアするのは
肩甲骨周辺の筋肉がとっても重要なのです。

 

肩甲骨がカギを握っています。

言ってしまえば
肩関節は「被害者」なのです。

となると
肩甲骨は「加害者」ということになります。

まずは使える筋肉、肩甲骨にするために
ここの筋肉の柔軟性を戻してあげなければいけません。

これを意識できるかできていないかで
大きな差となります。

 

これまで
野球肩で投げれなくなる選手をたくさん見てきました。

そして良くなる選手も見てきました。

 

プロ野球選手などでも
良い球を投げられるのは肩甲骨の動きが柔らかいピッチャーなんです。

 

投球時、
ボールを投げるまでの動きで
下半身→体幹とつくられてきたパワーは

肩甲骨を介して
最後は肩・肘・手首にパワーが伝わっていきます。

これをロスしていてはもったいないのです。
肩甲骨の動きがこのカギを握っています。

しっかり肩甲骨が働いてくれれば
関節に負担がかからずに
ボールにしっかりパワーが伝わっていくのです。

この「肩甲骨」を意識して
ケアを行なう事がすんごく大切なのです。

肩甲骨の動きを良くすれば
野球肩の予防&治療だけでなく

投球のパフォーマンスが上がり
質の良いボールを投げることができるのです!

肩甲骨の筋肉の「柔軟性」と「筋力」を上げていけば
投げるボールは大きく変わります。

それをぜひやってもらいたいと考えています。

金沢市 スポーツ整体院

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)